お知らせ

書面開催による2020年度の総会での決定事項について

特定非営利活動法人食の安全を確保するための微生物検査協議会の2020年度定期総会は、書面による開催に変更して実施いたしました。 正会員(個人、団体)には5月25日までに議案書をお送りし、6月12日までに回答書にて各号議案・報告に対する諾否及び意見等をご提出いただきました。今総会の議長を務められた伊藤武副理事長と庶務担当理事が回答書の内容をとりまとめ、それを踏まえて五十君靜信理事長が6月19日に各号議案・報告について決定を行いました。

1号議案 2019年度事業報告書承認の件 

原案のとおり承認されました。

実施事業の概要
講演会 2019年 5月29日 : 中央区立日本橋公会堂 / 参加者115名
研修会 2019年11月14日 : 中央区立日本橋公会堂/参加者127名
実技研修会 2020年1月15日~16日 : 東京顕微鏡院豊海研究所/受講者15名
情報誌の発行 2019年5月及び11月 : 第9巻第1号~第4号
ホームページでの情報提供 2019年4月、6月、9月、12月、2020年3月
検査マニュアル 2019年5月 : 「食品からのウエルシュ菌試験法」(定性)

 

2号議案  2019年度活動計算書承認の件 

原案のとおり承認されました。

活動計算書の概要
経常収入合計 2,902,538円
事業費 2,386,191円
管理費 939,423円
当期経常増減額 △423,076円
前期繰越正味財産額 4,270,194円
次期繰越正味財産額 3,847,118円

貸借対照表はこちらからご覧いただけます

3号議案 理事1名の辞任と補充理事選任の件 

原案のとおり承認されました。

理事 辞任:太田建爾      新任:甲斐明美

 

報告事項

  1. 2020年度事業計画
    変更されましたので、「事業計画の変更について:理事長からのメッセージ」をご覧ください。
  2. 2020年度活動予算
    報告されましたが、事業計画の変更に伴い、見直しをしながら執行していくことになります。
  3. 名誉会員推戴
    前理事長の小沼博隆先生が名誉会員第5号に推戴されました。名誉会員記の授与は11月26日の講演会の場において行われます。

(更新:2020.7.23)

» このページのTOPへ

事業計画の変更について:理事長からのメッセージ

既にWebサイトにおいて2020年度の事業計画については予定を変更させていただくことをお知らせしております。2020年度定期総会における議決を経て、正式に変更された事業計画により当協議会の2020年度事業は展開してまいります。

それに先立ち、理事長の五十君靜信より皆様にメッセージをお伝えいたします。(このメッセージは会員の皆様へメールまたは郵送にてお知らせしたものです。)


特定非営利活動法人 食の安全を確保するための微生物検査協議会
理事長 五十君 靜信

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大を防止するため、様々なイベントが中止、延期、開催方法の変更などを余儀なくされています。本協議会としましては、できる限り「中止」ではなく、「延期」とすることで、皆様にお約束しております事業計画を実現し、その成果をご提供するよう努めています。今後の状況により、「開催方法の変更」となることも考えられますが、6月末時点での修正事業計画をお届けいたします。

皆様におかれましても大変厳しい情勢にあろうかと思われますが、本協議会の活動にご理解をいただきますようお願い申し上げます。また、今後の社会情勢によりまして、やむをえずWeb活用など、開催形式等の変更の可能性は否定できません。その場合は、速やかにご連絡させていただく予定です

変更された事業計画

  1. 2020年度講演会・・・「2020年度の講演会は日程を変更して開催いたします」をご覧ください。
  2. 2020年度研修会(講演方式)・・・「2020年度の研修会(講演)の日程が変更されます」をご覧ください。
  3. 2020年度微生物検査実技研修会(基礎編)・・・「第3回 微生物検査実技研修会(基礎編)を開講します」をご覧ください。
  4. 2020年度定期総会
    集合開催が困難であり、東京都への事業報告書及び活動計算書の提出期限もあることから、「書面開催」により6月12日までに開催させていただきました。正会員の皆様にはご協力をいただきまして、ありがとうございました。なお、東京都へは既に関係書類を提出し、受理されましたことをご報告いたします。
  5. 会誌「食の安全と微生物検査」の発行・・・日程が変更されます
    第10巻第1号(講演会抄録特集号)は、発行を11月に延期させていただきます。
    第10巻第2号(研修会抄録特集号)は、発行を2021年3月に第3号として発行する予定です。
    第10巻第3号(食中毒情報資料集)は、11月に第2号としての発行となります。
  6. 定期通信・・・日程が変更されます
    第45号は既に4月にお届けしました。
    7月に掲載予定の「講演会聴講録」は、12月に延期させていただき、第47号となります。
    第46号として書き下ろし原稿を10月にお届けする予定です。
    第48号は「研修会聴講録」を2021年3月にお届けする予定です。
  7. 検査マニュアル
    取上げるテーマの選定を行っており、2022年度中の発行を目指して、専門委員会において活動を進める予定です。

(更新:2020.7.23)

» このページのTOPへ

 

2020年度講演会は日程を変更して開催いたします

新型コロナウイルス感染症の終息へ向けた取組みの一環として集会等の自粛要請が出されている関係から、6月12日に開催を予定しておりました2020年度の講演会は11月に延期させていただきます。 既に参加のお申込みをいただいております皆様には誠に恐縮ではございますが、9月頃に改めてご案内をさせていただきますので、その際に再度のお申込みをしていただきますようお願いいたします。

プログラムは、食品衛生に関係しておられる皆様には是非ともお聞きいただきたい内容をご用意させていただきますので、ご期待ください。 6月12日の講演会に合わせて発行を予定しておりました会誌「食の安全と微生物検査」第10巻第1号も、11月26日に食中毒情報資料集の第2巻と共に発行する予定です。

2020年度講演会
新しい 開催日時 2020年11月26日木曜日 13:00~16:00 (開場:12:00~)
場所
(変更なし)
中央区立日本橋公会堂 4階ホール 日本橋劇場 (中央区日本橋区民センター内) 東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1 最寄駅:
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 徒歩2分
日比谷線、都営浅草線の人形町駅、東西線の茅場町駅もご利用いただけます。
プログラム

内容は最新のものに更新されますが、大幅な変更はありません

テーマ:
改正食品衛生法施行に伴うHACCP制度化の動向と
自主衛生管理における微生物検査の考え方

講演1 ) 改正食品衛生法施行に伴うHACCP制度化の動向~行政の立場から~(仮題)
三木 朗 / 厚生労働省 医薬・生活衛生局 食品監視安全課 課長

講演2 ) HACCPなど自主衛生管理における微生物検査の考え方 ~国際整合性を考慮した具体的な進め方~
五十君 靜信 / 東京農業大学・応用生物科学部 教授  付設展示 当協議会の賛助団体会員の皆様のご協力を得て、研修内容に関連した展示を行います。

入場料 2,000円(資料代は別)
※会員は入場無料で、資料も配付されます。 資料代:1,000円 
※「会誌第10巻第1号」に収載されます。
(更新:2020.5.6)

» このページのTOPへ

第3回 微生物検査実技研修会(基礎編)を開講します

2018年度から開始した「微生物検査実技研修会(基礎編)」は、今年度も第3回を開講することが決まりました。
2日間の研修を修了されますと、当協議会の五十君靜信理事長名の“修了証書”が授与されます。
また、講師には当協議会の理事、監事である食品微生物学分野の著名な先生方が立たれます。

なお、現場で重要な簡易・迅速キットにつきましては、当協議会の賛助団体会員である各企業のエキスパートが直接ご指導をして下さり、キットの実物を手に取って使用することができる貴重な機会をご提供します。

第3回 微生物検査実技研修会(基礎編)
日時 2021年1月27日水曜日~28日木曜日
場所 東京顕微鏡院 豊海研究所 実技研修室 (東京都中央区豊海町5-1)
定員 12名
これまでは20名でしたが、三蜜を回避するため減員しております。受講希望の方はお早めにお申し込みください。
参加費用 30,000円 当協議会の会員は以下の通りとなります。 個人正会員:本人または個人正会員が推薦する1名・・・10,000円 団体正会員:所属機関が推薦する3名まで・・・1名につき10,000円 個人賛助会員:本人・・・10,000円 団体賛助会員:所属機関が推薦する2名まで・・・1名につき10,000円
お申込み 申込書に必要事項を記入し、メールでお申込み下さい。 
注意事項 新型コロナウイルス感染症の終息が2020年度末においても見通せない場合には、
開催方法の変更または中止となる場合があり得ますので、予めご承知おきください。
実施内容 以下は2019年度の実績です。2020年度の内容は決まり次第、改めてご紹介します。
講義1(食品微生物検査の基礎知識)・・・五十君先生
講義2(結果の整理及び食品微生物検査の意義と方法)・・・伊藤先生
実習1(生菌数、腸内細菌科菌群、黄色ブドウ球菌)
実習2(最新の簡易検査法の実際・迅速検査キット)・・・各社
実習3(SA,MSEY,BP培地の観察・判定・確認試験等)
実習4(VRBG,DESO,EMB培地の観察・判定・確認試験等)
修了式
(更新:2020.7.23)

» このページのTOPへ

2020年度の研修会(講演)の日程が変更されます

11月26日木曜日の開催をお知らせしていました研修会(講演方式)は、講演会の日程を変更したことにより、新たな日程に変更して開催させていただきます。開催は来年の3月となります。年度末のお忙しい時期になろうかと思いますが、皆様のご日程を確保していただきまして、是非ともご参加ください。

2020年度研修会(講演)
新しい 開催日時 2021年3月15日月曜日13時00分~16時00分 (開場12時00分)
場所
(変更なし)
中央区立日本橋公会堂 4階ホール 日本橋劇場 (中央区日本橋区民センター内) 東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1 最寄駅:
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 徒歩2分
日比谷線、都営浅草線の人形町駅、東西線の茅場町駅もご利用いただけます。
プログラム 理事会において開催の時期に相応しいものを検討しております。 付設展示:当協議会の賛助団体会員の皆様のご協力を得て、研修内容に関連した展示を行います。
入場料 2,000円(資料代は別) ※会員は入場無料で、資料も配付されます。 資料代:1,000円 ※「会誌第10巻第3号」に収載されます。
(更新:2020.5.6)

» このページのTOPへ

 

2021年度の総会・講演会の開催日程が決まりました

2021年度の定期総会及び講演会は、下記の日程で開催させていただきます。
皆様のご予定に組込んでいただきまして、是非ともご参加くださいますようお願いいたします。
なお、正会員(個人・団体)の皆様には総会へのご出席をお願いいたします。

第3回 微生物検査実技研修会(基礎編)
開催日時 2021年6月2日水曜日 総会:10時30分~  講演会:13時~
場所
中央区立日本橋公会堂
(更新:2020.7.23)

» このページのTOPへ

定期通信 第45号が掲載されました

定期通信第45号は、当協議会の新蔵 登喜男 理事による書下ろし「食品企業における技能実習制度の課題」です。

食品衛生法の改正に伴い、外国人労働者への教育のあり方が問われています。どんなテーマについて、どのように指導・教育を進めていけば良いのか、具体的にご説明を差し上げます。 食品微生物検査の担当者を含め、食品衛生関係者の皆様には重要なポイントになります。是非、ご覧ください。

⇒ 定期通信第45号はこちら

(更新:2020.04.1)

» このページのTOPへ

 

「食の安全と微生物検査 第9巻 第3号・4号」が発行されました

会誌「食の安全と微生物検査」は第9巻第3号と4号が、2019年11月14日に発行されました。

食の安全と微生物検査 第9巻第3号 「研修会抄録特集号」

会誌をご希望の方はこちらからお申し込みください

第3号は研修会抄録特集号ですが、主な収載内容は以下のとおりです。

特集: 2019年度研修会抄録集
「HACCPの制度化への対応状況とその支援策および先行国における現状」

  • 講演1 HACCP制度化に向けた食品衛生法の政省令の改正
    福島 和子 先生 (厚生労働省 食品監視安全課 HACCP企画推進室)
  • 講演2 アメリカ及びEUにおける小規模事業者に対する衛生監視指導
    窪田 邦宏 先生 (国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部第二室長)
  • 講演3 HACCPの制度化に向けた、農林水産省補助事業としての手引書作成支援とWEBでの情報提供  
    富松 徹 先生 (一般財団法人食品産業センター 技術環境部部長)
  • 協議会からのお知らせ
    2018年度事業報告書、活動計算書、計算書類の注記、貸借対照表、財産目録                                        

大変有用な情報が提供されています。是非、ご覧ください。

食の安全と微生物検査 第9巻第4号「世界における食中毒情報第17版」

会誌をご希望の方はこちらからお申し込みください

第4号は、情報提供委員会の太田 建爾 先生と工藤 泰雄 先生がまとめられた、
「世界における食中毒情報第17版」です。

2018年までの最新の情報を網羅した、貴重な一冊です。
他では絶対に手に入らない世界各国・地域の統計数字が納められています。

  

  

(更新:2019.12.3)

» このページのTOPへ